下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要

まだまだ日本では美容整形が注目されてから歴史が浅いことから、ご利用者の数もまだ少ないと言えます。
それでも一昔前と比べて飛躍的に利用者が増えており、施術も確実性が非常に高くなっているのです。 いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。
下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。



下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:2020/1/23

減量しようと考えたとき、
まず食事の量を制限しようとしますよね。

摂取するカロリーを抑えると、
それまでに蓄積されたエネルギーが消費される事により
体重は一時的に減りますが、
同時に筋肉まで減ってしまいます。

筋肉というのは、
からだの中でいちばんエネルギーを消費する部分なので、
その筋肉が減ってしまうと基礎代謝が落ちて、
脂肪が燃えにくく、痩せにくいからだになってしまいます。

さらに、
からだに入ってくるエネルギーが少なくなると、
からだは飢餓状態になったと錯覚して、
入ってくる栄養分をからだに溜め込もうとします。
それもまた、
脂肪をからだにためやすくなる原因になるのです。

また、
減量して体重は減っているのに、
体脂肪が落ちない…という現象もあります。

体脂肪を効率的に燃やすためには
食事内容の改善ももちろん大切ですが、
あわせて運動をすることが大切なんです。

食事制限だけの減量では、
体重が落ちるのに比べて、体脂肪の減少は少なくなりがち…
しかも同時に筋肉も減少してしまいます。

これに対して運動を加えた減量は、
筋肉量を増やすので基礎代謝量もアップし、
体脂肪が燃えやすいからだになるのです。

とは言え、
長年かけてからだにため込んだ脂肪を燃焼させるのは
そう簡単ではありません。

ちなみに
脂肪1kgを燃やすには
約7000kcal消費する必要があると言われています。

例えば…
体重60kgの人が60分ウォーキングして、
消費するエネルギーは約250kcalです。
それを一ヶ月連日続けて、
やっと7000kcal消費という計算になります。

まさに継続は力なりですね。
短期間で結果を出そうとあせらずに、
ゆっくり減量に取り組みましょう!